電話の機能だけではなく、インターネットに接続できたりアプリを使うことができるスマートフォンは非常に便利なツールです。
今や一人1台は持っている時代になり、電車などで老若男女問わず皆が使っている光景は非常に滑稽に見えます。
しかしそれは、それだけスマートフォンが便利という意味を思っており、今後ますますスマートフォンの機能は向上されることが予想できます。

スマートフォンの魅力の一つとも言えるスマートフォンアプリケーションは、目的に合ったものを入れることで生活を快適にしてくれます。
最近ではアプリ数も非常に多く、どのアプリを入れるかを迷うほどになりました。

しかしアプリは単純に便利という反面、使っていて非常にイライラするすることもあります。
それはアプリケーションを起動した際に出てくる広告枠です。
多くのスマートフォンアプリは、無料でダウンロードをすることができます。
しかしアプリを作った方としてはそれでは儲けにならないので、広告枠を設けている場合が多いです。
これはせっかく良いアプリでも、ユーザーとしては非常に不愉快で邪魔なものになっています。
特に勉強用のアプリなどで、広告枠にアダルトなものが出てくる場合も最近非常に多くなりました。
子供などに使わせたくても、これでは正直使うことをためらってしまいます。

またアプリなどを起動すると、勝手にインターネット側に繋がってダウンロードを促すものもあります。
スマホアプリは非常に便利なものが多いのですが、広告を使っているものも多いです。
広告を入れるのは良いのですが、内容がアプリにマッチしていないものなどを入れられると、電車や公共の場で起動したくなくなります。
スマートフォンの普及に伴い、数多くのアプリが今後もリリースされると思います。
純粋に生活に便利なアプリや、面白いアプリも多いのは事実です。
せっかくのスマートフォンの魅力を半減させるような広告を掲載するアプリは、しっかり確認してからリリースして欲しいです。”