現代の携帯電話といえば数年前に普及したフィーチャーフォンに代わり、今やスマートフォンに世代変化を遂げたと言えましょう。その利便性などから小さなパソコンと表現されるほど、実はスペック自体もパソコンに類似した端末なのです。

中に搭載されているOS自体を動かしアプリケーションと呼ばれる、パソコンでいうところのソフトを動かすことによってその実力を初めて発揮するのですが、中にはスマートフォンの搭載されている各機能に見合わないスペックを搭載しているものもあるため、機種選びに失敗してしまった時にはとてもストレスになる場合があります。

例えばですが、アプリケーションの利用についてもストレスが溜まることは多々あります。アプリケーションは様々なユーザーが開発し、プレイストアやApp Storeに掲載することが可能ですので、言ってみれば無名だが有能なプログラマーが開発したアプリケーションは非常に優秀だったりするわけです。しかし、スマートフォンやタブレットなどの端末は当然個人で作ることはありませんので、そのスペックにも制限があります。ただでさえ機器システムの中に細心のシステムなどを搭載しているところに、日々進化するアプリケーションを入れていくことで動きが非常に鈍くなることがあるのです。その結果、最終的にはシステムエラーを発生させて動作停止に至るなどのケースも少なくは無いのです。

後はウィルスの問題ですが、先述したとおりスマートフォンは小さなパソコンと言われるほどそのシステム構造はパソコンと酷似しているため、当然ウィルスデータの概要も適応されてしまいます。早い話はウィルスで破壊される可能性があるということです。インターネットの利用が更に便利になった今、このウィルスの危険性というのも再認識しなければいけません。
便利な利用方法が多いことがあるのも確かですが、スペックが追いつかなかったり、不明な要因で破壊されてしまう現在のスマートフォンは柔いとも捉えられます。そうした軟弱さがストレスのもとになることがあります。