私は、電車を使って商談に行くことが多いのですが、商談時間に到着するようにスマフォのナビ機能を良く使います。

良く使うアプリは、googleマップです。
使い方は、とても簡単で訪問する会社の住所を目的地に入力し検索すれば、最寄駅まで乗換案内と駅から会社までのナビを一瞬で案内してくれます。

電車の乗り継ぎは、私が電車の移動に慣れていることもあって、特に不満は感じていないのですが、駅から訪問先の会社まで行く時のナビに何度もイラッとします。

駅に着き、現在地が認識されないことがあって、ナビが開始されずにイラッ!
GPSの電波が悪いのかと思って、空が見えるところ探して、うろうろしながら、イラッ!
特に夏の暑い時期に、これをやると、イラッ!は100倍増しです。
それでも、GPSがうまく動かない場合は、スマフォを再起動させることもあります。
そうなると、ナビにもう一度、目的地の住所を入力しなければならないので、イラッ!とします。
約束した商談時間に余裕がないときは、本当に焦ります。

なんとか、GPSが動き出し、ようやくナビが始まると「西方向に進んでください」などと音声案内が流れます。
「東西南北で案内されたって分からないぞ」とイラッ!
歩き始めれば、地図上矢印が動くので、とりあえず歩き始めると、逆方向だったことが分かったときにイラッ!
これも暑い日だとイラッ!は100倍増しです。

という感じで、徒歩のナビはあまり使えません。
しかし、自動車で移動するときに、同じアプリを使うとかなり正確に案内してくれますので、技術力には定評のあるGoogleでも徒歩の人をナビする技術は難しいのかもしれません。
ちなみに、自転車ではナビは結構使えます。画面は見れないのでイヤホンで音声を聞きながら移動することになりますが、分岐点のときは結構良いタイミングで指示してくれます。

日本では今後、歩きスマフォが禁止になりそうなので、徒歩の場合も音声だけでナビできるように改善してほしいと思っています。