スマホで感じるデメリット

なんでも出来てしまうスマホは、本当に便利で、
今ではなくてはならない存在です。

しかし、ずっと使用してくると、
イラッとすることもいくつか出てきますよね。

一番周りでもよく聞くのが、
ミスタッチだと思います。
例えば、フェイスブックなどを見ていて、
知らない間に少し指が触れてしまった為に、
「いいね」を無意識に押してしまっていたというのが多いようです。
普通の近況などの記事ならば、別に支障はありませんが、
「いいね」とは言い難い記事に、誤って押してしまうのは、
少し痛いですよね。

スマホでホームページなどを観覧していると、
広告が貼り付けられているのですが、
それを誤って押してしまうことも多いです。
わざと押し間違えやすい位置に、
広告を置いていることも考えられますが、
いちいち見たくもないページに飛ばされてしまうのは、
本当にイライラします。

スマホの技術はかなり発達していて、
精密すぎる故のエラーだと思うのですが、
パソコンのように、不具合が出てフリーズしてしまったり、
いきなりシャットダウンしてしまったりという事がたまにあります。

それだけならまだ良いのですが、
その際に、アドレスが消滅してしまったり、
写真がすべて消えてしまったりする場合もありました。
同じスマホを使用している人は、
このような目に一度はあっているようです。

バックアップしておけば問題ないのですが、
ガラケー時代にはここまでの事はなかったので、
そんなに度々バックアップするのも面倒ですよね。
たとえデータをとっておいたとしても、
消えるたびに、またデータを入れ直す手間も辛いです。

技術が進歩するのは素晴らしい事ですが、
バージョンアップの度に何か不具合が起きて、
またバージョンアップをしなければならないというのは、
非常に面倒くさいですよね。

私は、みんなの反応を見てから、バージョンを上げるようにしています。
どんどんと技術が進化していくのは嬉しいのですが、
もう少しテストを万全にしてから、出して欲しいと思ってしまいます。

スマホに買い替えたはいいのですが。。。

元々私がスマホに買い替えたのは、スマホが欲しかったからではなく、仕事の日に使っている携帯を家に忘れてきてしまい、丁度外出がある日だったので携帯を持っていなくてはいけなかった日だったのと、その時すでに2年以上使っていた携帯だったのでそろそろ新しいものに買い換えようかと思い始めていた頃だったという事が原因でした。

ショップに確認をし、今使っている携帯がなくても手数料はかかるが機種変更できるということだったので、職場の近くの電気量販店にお昼休憩の時に買いに行きました。
私は、パカパカと言われるような折りたたみ式の物よりもスライド式の画面の大きな物の方が好きだったので、そういったタイプのもので探しました。

パカパカ式の物よりはスマホかな?後は、できるだけ安い機種にしよう。と探した結果、スマホが一番安く機種変更が出来ると言う事だったので、スマホに機種変更することにしました。
元値はスライド式と大差なかったのですが、割引キャンペーンがついて、月々○○円引きで結果半額くらいで買えますよ。というような感じで安く購入しました。

それからまた2年以上使っていますが、未だに後悔する時があります。
スマホにした時に料金プランなどが変わってしまったので、またガラケーに戻すと恐らく書類をまた何枚も書いて手続きしなくてはいけなくなると思うので、それは手間なので次回も買い換えるならスマホにすると思いますが、正直ガラケーに戻りたい気持ちもあります。

まず、未だに話の途中で電話を切ってしまうこともあります。
首と肩で挟んで電話している時にほっぺで押してしまうのですが、忙しい時や、仕事の時、メモを取らなくてはいけない時など、このスタイルで話さないといけないことが多いので毎回困ってしまいます。
後、同じようにほっぺで押してしまったが故に、電話の相手から「ピッピって音してるけど大丈夫?」などと、電話の異常と心配されたり、他から電話かかってきてると思われてしまったりなんていうこともざらにあります。
かと言って、プッシュボタンを押すなど画面の操作をしたい時に、画面が真っ暗で操作できないなんていうこともあるので、本当に使い勝手が悪いな~と感じることが今でも度々あります。

スマホに対するイメージ

ガラケーから見たら、スマホの印象は良いです。月々の利用料金が高いし、裕福でなければ持つことができないでしょう。ガラケーを持っているのはたいてい月々に余裕をもって払えるお金がないから、その金銭の支払い部分でスマホ所有者の信頼度がアップします。

PCを使っている者としていえば、スマホは受信・閲覧を目的にした端末であるから、PCでウェブサイトを運営している企業のお客さんたちです。悪くいえば、カモです。PCのウェブサイトをしている人たちって、無機質でおかしい人が多いから、その傘下でいるのはどうかな、という気がします。そういった発信者・運営者のウェブページで何かわからないけれど読み物をしたり、調べたりするツールです。

スマホを意識してインターネットを利用したことはありませんが、パソコンの人よりも明らかに一般的で普通の人が使っているものとして考えています。ネクラなパソコンの人とは違うでしょう。ウェブページの作成にはある意味、才能めいたものはあるし、デザイン性が伴っている必要があります。そうしたウェブページを眺めるのは、きっと面白いであろうなと思います。スマホの端末自体が薄くて見栄えのよいものであるしスマートです。現実社会はあまりよいものではない部分があるから、スマホにはまる気持ちがわからなくもありません。

喫茶店や電車の中や駅のホームでも、一人でスマホを見ている人がいます。たまにいるというのではなくて、いつも日常的にいるから、見慣れたものでそれが普通の景色です。

スマホで写真を撮ったりしている人がいますが、これは個人的には追っかけの人みたいに見えます。風景であれ人であれ、スマホで写真を撮るのはいまいち見た目はよくありません。これはスマホの形がカメラっぽくないし、電話のイメージが強いから電話で写真を撮っているような、おかしなポーズに見えます。しかし、スマホはカメラを兼ねるから、わざわざカメラを買うまでもありません。

スマートフォンの利便性と追いつかないスペック

現代の携帯電話といえば数年前に普及したフィーチャーフォンに代わり、今やスマートフォンに世代変化を遂げたと言えましょう。その利便性などから小さなパソコンと表現されるほど、実はスペック自体もパソコンに類似した端末なのです。

中に搭載されているOS自体を動かしアプリケーションと呼ばれる、パソコンでいうところのソフトを動かすことによってその実力を初めて発揮するのですが、中にはスマートフォンの搭載されている各機能に見合わないスペックを搭載しているものもあるため、機種選びに失敗してしまった時にはとてもストレスになる場合があります。

例えばですが、アプリケーションの利用についてもストレスが溜まることは多々あります。アプリケーションは様々なユーザーが開発し、プレイストアやApp Storeに掲載することが可能ですので、言ってみれば無名だが有能なプログラマーが開発したアプリケーションは非常に優秀だったりするわけです。しかし、スマートフォンやタブレットなどの端末は当然個人で作ることはありませんので、そのスペックにも制限があります。ただでさえ機器システムの中に細心のシステムなどを搭載しているところに、日々進化するアプリケーションを入れていくことで動きが非常に鈍くなることがあるのです。その結果、最終的にはシステムエラーを発生させて動作停止に至るなどのケースも少なくは無いのです。

後はウィルスの問題ですが、先述したとおりスマートフォンは小さなパソコンと言われるほどそのシステム構造はパソコンと酷似しているため、当然ウィルスデータの概要も適応されてしまいます。早い話はウィルスで破壊される可能性があるということです。インターネットの利用が更に便利になった今、このウィルスの危険性というのも再認識しなければいけません。
便利な利用方法が多いことがあるのも確かですが、スペックが追いつかなかったり、不明な要因で破壊されてしまう現在のスマートフォンは柔いとも捉えられます。そうした軟弱さがストレスのもとになることがあります。

私の思うスマホのデメリットについて

私は4か月くらい前にウィルコムのスマホに機種変更をしました。
それまではガラケーをすごく愛用していて、スマホはあまり興味がありませんでした。
けれど、だんだんとモバイルでは対応してないサイトや、画像など容量が大きいものは表示されなかったりと不便な事がだんだんとでてきて、ウィルコムのパケット代が安くて思い切ってスマホにしました。
確かにスマホは便利だなーとすごく思いましたがとにかく文字を打つのがかなり大変になりました。

よく誤字はするし私の使っている機種が反応が鈍くて更にイライラとしてしまいます。
基本はメール派なので長文を打つことが多いし、内容の多いメールを打っているとすごく時間がかかっています。
ガラケーの時はこんなに時間がかからなかったしデコメとか凝ったのをしていたなと思いますがスマホでデコメはとてもしにくいです。

特に自分自身がラインをしてないので余計にそう思ってしまいます。
ラインとスマホの関連性ってすごく強いと思います。
友達はラインがしたいが為にあまりお金がないにも関わらずにアイフォンに機種編をしていました。
スマフォにしたらラインにしないといけないような世の中の風潮が嫌です。
色んな楽しみ方が携帯にはあると思うのですが特に最近のスマホはラインありきみたいな内容になっているように感じてしまいます。

ウィルコムの契約期間が過ぎたらまたガラケーに戻したいような気もしますが今以上にモバイル環境は衰退していると思うし戻すなら電話とメールしか使えないと思います。
ガラケーばかり発展していってつい数年前まで当たり前に使えたガラケーが使いにくくなっていくのがスマホの
あまり良くない印象です。

短文で楽しめるラインやツイッターに、ゲームなどを中心に使っている人は今のスマホが楽しくて仕方がないと思いますがその機能を使っていなくて、長文のメール、ブログを中心に使っている私からするとデメリットな面が多いです。
うまく利用できるよう試行錯誤しているところです。

便利なものにこそ不満あり

私は今から約三年前に携帯をガラパゴスからスマートフォンのアンドロイド携帯に買い替えて以来その携帯を使用しています。

買い替えてから始めの内はなかなか操作が分かりにくかったのですが案外慣れてくるとかなり使いやすく便利なアプリも
豊富だったので携帯を操作する時間が昔の携帯より倍程も伸びたのですが、やはり始めの頃と違い使っている内に便利
な面ばかりではなく、その使いにくいと思うことやイラッとする時などその場その場で不満が多々あるのです。

どういった不満かと言えばやはりタッチ操作ですね、スマートフォンのタッチ操作は昔のガラパゴス携帯の検索時に
は見たい項目まで一つずつカチカチと合わせてクリックしていたものをスマートフォンでは見たい項目をタッチすると
良いだけなので項目数が多い時などはとても便利だと思うのですが、画面をスクロールする時など移動したいのに項目など
が多すぎてクリックする気はないのにしてしまったり、手についた油や垢で画面が少し汚れるだけで違う項目などをクリッ
クしたり反応が悪くなったりで油っぽい汚れの時などは服で吹いても油が伸びるだけで操作がしずらいままなど、もう携帯
を丸洗いしたくなります。

この様な不満タッチ式でない頃には無かった事なので余計にイラッときてしまいます。まぁ一般的に携帯を触るからと言っ
て手なんか洗わないです。

それからこれがスマートフォンのアンドロイド携帯に対する一番の不満でスマートフォンの売りとも言える豊富なアプリの
数々なのですがアプリを使用する際にはアンドロイド携帯のバージョンを気にする必要があり、このアプリにはこのバージ
ョン以降起動可能ですと言った様に、アンドロイド携帯にはパソコンのようにosが存在し新しいバージョンが次々と更新さ
れていく中で携帯にバージョンをアップデートしなくてはいけないが、しかし新しくバージョンが登場したとしてもそのバ
ージョンが自分の携帯にアップデートされるかという事が問題で日本の携帯会社が一機種の新しいバージョンをアップデー
トする回数が基本1回で多くて二回まれに三回など、私は三年前に携帯を購入してアップデートされた回数が1回と今では
新しいバージョンが2回更新されていて携帯を買い替える年数は大体2,3年などとショップの人などが言っており、もう
これは会社の策略でもうアップデートはないから新しく買い換えなさいと言われているのと同じでせめてバージョンアップ
を3、4年ぐらいは行ってもらいたいのです。

突然の再起動、フリーズ

私は初代のアンドロイド端末から使っているスマホユーザーです。今でこそ周りはスマホだらけですが、その当時はスマホユーザーは周りには一人もいなくて私だけでした。連絡先の交換などでものすごく苦労したり、不便だったりしたのを鮮明に覚えています。スマホのバージョンも上がり、最近ではかなり使いやすくなってきましたが、初代から全く変わっていないのは、突然の再起動、フリーズですね。まぁ、中身がPCですのでその性質上仕方がないとは思うんですが、会話中の再起動や、調べもの中のフリーズはかなりイラッとさせられます。特に仕事で大事な会話をしている時の再起動に関しては、わざとじゃないんだろうか?と思うほどそういったときに電源が落ちます。

最も困るのが、再起動せずに電源がシャットダウンしたまま切れている場合があることです。これは、全く気づきませんし鞄の中からスマホを取り出して初めてわかるのですごくイラッとします。これで何度も取引先に怒られましたから。
安定性を求めればガラケーのほうが良いんだとは思うのですが、さすがにそれは仕事上支障をきたすことが多いのでスマホからガラケーには戻れません。

それと、最近はあまりなくなりましたが文字変換の悪いことったらありませんでしたね。ありえない変換をスマホがしてくれるので長文を打って変換ができませんでした。アイフォンはいまだに変換が悪いみたいですけど。ガラケーに慣れてたころは、この文字変換で常にイライラしていました。ATOKなどの良いアプリが出てきてほっとしています。
電池の持ち時間に関しても、最初は最悪でした。半日持たないのは当たり前、常に充電が必要で、もしかしたらこれに一番イライラしていたかもしれませんね。最近は長時間持つようになりましたが、LTEが普及し始めてまた電池の持ちが悪くなった印象がありますね。速度は速いけど以上に電池を食うLTEははっきり言って私からするといらないし、イライラの原因になっています。

文字打ちのミスにイライラ

私はスマホ歴約2年です。
今まで使っていてイラッとしたことは、文字打ちです。

従来のケータイだと、文字を打ち間違えることはほとんどありませんでした。
ボタンに凹凸があったので文字が打ちやすく、早いスピードで打てていました。
ガラケーからスマホにかえて、文字を打った第一印象は「打ちにくい」です。

スマホだと頻繁に文字打ちのミスがあります。
急いでメールをする時など、余計にイライラしてしまいます。
スマホの文字打ちに慣れている人は、すごいスピードで打っているので驚きです。
私はガラケーと比べると、スマホは文字が打ちにくいと思います。

私はスマホでよくネットサーフィンをしています。
ですがたまに画面がフリーズして動かなくなる時があります。
その時はしばらく放置しすると、再び動き出します。
それでも全く動かない場合は、電源を切って再起動です。
スマホが動かなくなると、内心“またか…”と思ってしまいます。

画面をタッチしても反応が鈍い時があります。
普段は正常に動いているのですが、たまにそのようなことがあります。
以前電話がかかってきた時に出ようと思ったら、画面がうまく反応しない時がありました。
ボタンを何度も押して出ることができましたが、困りました。

ネットサーフィンは自分の趣味で楽しんでいますが、かかってきた電話はそうではありません。
そこはちゃんと問題なく動いてと思いました。

スマホでよくない印象といえば、やはり歩きスマホです。
人が少ない所ならまだしも、駅など人が多い所での歩きスマホは危ないです。
前ちゃんと見えてるのかなと思ってしまいます。
そして歩きスマホをしている人は、スマホに夢中なので前の人が迷惑そうな目で見ていることに気づいていないのです。

ガラケーからスマホにかえて、慣れなくてイライラすることはありますが、やはり便利です。
従来のケータイに比べて、できることが増えました。
今後はもっと性能の良いものを、そしてひとりひとりがマナーを守っていけたらと思います。

■編集後記
LTEやWiMAXが各社から提供されていますが、
どれを選んだらいいか迷っていませんか?

フローチャートであなたに最適な回線を選べるように紹介されている
サイトを最後に紹介しておきますね。

WiMAXと他の回線との比較 | WiMAXキャンペーンなび

電話といったらガラケー

周りがどんなにスマホにかえても、自分はかたくなにガラケーを使い続けていました。
使っていたカシオのガラケーの形が恰好良く気に入っていたこと、スマホよりも料金が安く済むこと、スマホでゲームをするぐらいならDSやPSPで遊びたい。そんな理由と、半分は意地のようなものがありました。

ところが、仕事の関係でどうしてもスマホを使わなければならなくなり、悩んだ挙句にとうとう機種変更をしました。

今では新米スマホユーザーです。

結論から言ってしまえば、スマホは非常に面白いマシンです。ガラケーではできなかったことができるし、上手に使えばゲームを安い金額で遊ぶこともできます。WEB検索も楽で、もはや小さなパソコンといった印象です。

決して後悔をしているわけではありませんが、それでもガラケーを懐かしく思うこともあります。機種変更をしたばかりの今は特にそう思います。

まずメールの打ちにくさです。指をスライドさせるフリック入力ですが、どうしても慣れません。

慣れればガラケーの文字入力よりも早くなると友人からは言われましたが、とてもそうは思いません。

確かにガラケーの場合はポチポチと回数押さなければなりませんが、慣れていた僕の連打の速さは相当なものでした。

また、ポチポチという感触がないのにも心もとなさを感じてしまいます。
続いて、電話を切り方です。画面が切り替わったのでもう切れたと思っていたのに、ずっと通話が繋がっていたということがありました。これには正直まいってしまいました。

それから、持ちにくさです。せっかくだからと大きいサイズの物にしてしまった僕も悪いのですが、圧倒的に片手で操作するのにむいていません。電車で吊り輪に捕まりながら操作するということが非常に難しくなってしまいました。

それと、何と言っても一番の不満点はやはりデザインです。

ガラケーは、様々なデザインがあり選ぶのも楽しいものでした。ところがスマホは、どれを見ても『長方形』といったデザインのイメージしかありません。唯一、個性を出していたカシオのスマホもなくなってしまい残念です。

ゲームもできる電話 それが僕のガラケーに対するイメージです。
それに対しスマホのイメージは、電話もできる小型PCです。
スマホにかえてしまった僕が言うのも何ですが、ガラケーはこれからも続いていって欲しいです。

スマホ依存症

私は30代の主婦です。私が通信機器を持ち始めたのは高校生の頃のポケットベル。とても流行しましたよ。休み時間には学校の公衆電話に長い行列ができて、みんなすごい速さで番号を打っていましたね。若い人にはわからないかもしれないのですが、「11」で「あ」、「12」で「い」という風に文字が表示されるんですよ。今から想像がつかないですよね。
それから、携帯電話のショートメール、それから長いメールができるようになって・・・、今のスマホでできないことはないですよね。これさえあれば、お財布も地図もパソコンもなにもいらないんじゃないかって思います。
そんな便利すぎるスマホにイラっとすること、それは依存性です。

いま、町を歩いていても電車に乗っていても、レストランで食事をしていても、みんなスマホを手にしてのぞいてるんです。さみしい光景だと思いませんか。旅行先では外の景色を見ましょう。レストランでは食事に集中していればいい。移動中は外の景色を楽しみましょう。
そうはいっていても便利すぎるスマホ。お仕事に使う人もいます。そういう人は常にチェックが必要で手放せないのもわかります。だから、やめてほしいっていう強い気持ちはないんです。あくまでも「イラ」っとしているだけ。スマホ依存症の人を横目で見ながらよくない印象をもっているだけです。
かくいう私も、スマホの便利さに頼っている一人なんですよね・・・。レストランにいったら割引クーポンを取得するためにアプリを開きますし、子供の笑顔を瞬時に収めたいときは、わざわざカメラを構えなくってもスマホのカメラアプリでパシャ!子供が静かにしなければいけない場所で愚図ったらスマホで某人気キャラクターのアニメを見せて落ち着かせるときもありますしね。

だから、スマホ依存症の人にイラっとすることもあり、そしてそんな風に思いながらスマホが手放せない自分にもイラっとしてみたり。そして、スマホそのものにも振り回されたり。
スマホから解放されることはないようです。便利すぎて有能すぎて依存しちゃいますよね・・・